アラフォーママの楽しく子育て♪日々の家庭学習や使ってよかったものを紹介

マムスタ

未分類

小学校のカタカナはいつ習うの?年間指導計画で評価基準もわかる

投稿日:

小学校では5月にひらがなの授業が終わりました。

6月からカタカナを習うのだと勝手に思っていましたが、カタカナの授業はもちろん宿題もない。。
以前購入した、「教科書ぴったりテスト」と見ても、カタカナの単元がない!?

もしかして今は小学校でやらない?でも、カタカナは習うと入学前説明会でおっしゃってたしな~と思い、調べてみました。

検索のやり方

今使っている国語の教科書の出版社で検索する

「お使いの教科書の出版社名 国語」

もしくは、

「教科書の出版社名 国語年間指導計画」と検索すると出てくると思います。

参考に
光村図書

東京書籍

学校図書

 

年間指導計画でテストや評価基準がわかる

年間指導計画表で1年間の授業の流れがわかるのと、評価基準も載っています。といことはこの基準で通知表が決まるということですよね。

年間配当時数や、重点的指導=大事な所がよりわかるようになっています。

1つの単元が終わると小テストを行っていると知りました。

娘には先生が「明日テストがあります」と言っていたら教えてね。と言っているのですが全くその報告はないので、テストとかないの?と聞いたら

娘「あるよ~!」

マ「え・えーー!教えてよ~」

娘「授業中に急にテストあるんだもん。明日テストですとか先生教えてくれないから言ってなかった」

マ「そうなんだ・・」

知らなかったわ。。(-_-;)

それ以降はこの年間指導計画を見ながら、もうすぐテストがあるな~とチェックしています。

 

10月にカタカナを習う

年間指導計画書を見ると、カタカナは10月に習うとこがわかりました。

教科書によって違うと思いますが、結構遅いですね・・漢字を習うより遅いとは驚きました。

まとめ

小学校低学年だと、学校のことや授業の様子を話してくれますが、授業はどんなことしたの~?と聞いても、結構肝心なことが抜けていたりします。

授業の流れが詳しくわかる「年間指導計画」があると、親も家庭学習する上で気をつけるべきこと・重点的にする箇所がわかりますね。

 

 

「関連記事」
教科書対応の「教科書ワーク」で先取りと復習

-未分類

Copyright© マムスタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.