アラフォーママの楽しく子育て♪日々の家庭学習や使ってよかったものを紹介

マムスタ

家庭学習

【読売KODOMO新聞】月500円で小学校低学年でも時事問題に興味を持つ

投稿日:

幼稚園年長の冬頃から、読売KODOMO新聞を購読するようになりました。

きっかけは、ニュース番組を見ながら「これってどういうこと?」「この話先生が言ってた!」と時事問題に興味を持ちはじめ、もしかすると、子供向けの新聞があれば更に興味が出るかも。と新聞を購読することにしました。

子供向けの新聞:読売・毎日・朝日の違い

読売新聞:読売KODOMO新聞
毎日新聞:毎日小学生新聞
朝日新聞:朝日小学生新聞

の3社から発行されています。

 

それぞれの料金・発行日

KODOMO新聞:月500円税込(週1回木曜日発行)

毎日小学生新聞:月1580円税込(毎日発行)

朝日小学生新聞:月1,769円税込(毎日発行)

 

読売KODOMO新聞のサイズ

横27cm×縦40.5cm

低学年でも大きすぎるということはないです。

 

読売KODOMO新聞を選んだ決め手

月500円のワンコイン

月500円というワンコインのお値段も気軽に購読でき、値段と週1回の発行ペースが一番の決め手でした。

まだ幼稚園生だったので、毎日新聞が届くと子供はもちろん、私も負担になりそうな気がしたからです。

毎週木曜日は自分だけに届く特別な日になるので、前日の水曜の夜に「明日新聞の日だね」と楽しみにしてくれています。

ページ数は3社の中で一番多く20ページあります。

字の大きさも幼稚園児・低学年でも読める大きさで、漢字にはふりがながふっていますが、1年生で習う漢字はフリガナはついていないです。

読売KODOMO新聞は小学館が特別協力

小学館が特別協力しているのもあり、動物や魚などの写真が図鑑のように迫力があります。

 

 

低学年だと文字よりも写真にまず興味を持ち、写真を見てより理解できる所が所とてもいいですし、大人が読んでも時事問題はわかりやすく、「へぇ~そうなんだ」と為になる話も沢山あり、大人も十分楽しめる新聞です。

 

どうやって購読するの?

申し込みは、主人に直接”読売新聞”の店頭に行ってもらい申し込みをしました。

読売KODOMO新聞のWEBからも申し込みできます。
※1回分に限り無料のおためしサービスがあります。

 

購読年齢を聞くと、小学中学年~が多く、幼稚園児は少ないですとおっしゃっていました。

毎月の支払い方法はクレジット支払いでも可能です。

毎月月末には、地域の情報誌と一緒に領収書が届きます。

 

読売KODOMO新聞ってどんな内容が載っているの?

1週間のニュース、政治、経済、社会、国際ニュース、スポーツなどすべての分野をイラストや図表を用いてわかりやすく理解できるように工夫されています。

・「おしえて!コナン」では、ニュースに登場したキーワードをわかりやすく解説。切り取ってノートに貼れるようになっています。

・パズルを解きながら英単語が身につく「ポケモンABC」

・かずもじパズル

・日常で使える英会話のコーナー

・ふだんの生活で気になることをしらべる「なるほど調査隊」

・冬の受験シーズンには、毎週教科ごとの特集ページ「読売KODOMO受験新聞」四谷大塚が監修。

・毎月第4週にそれぞれの県の特色など「47お国自慢」

まとめ

新聞を読むことで中学入試に有利だと言いますが、今は日本や世界で起こっている出来事。社会へのかかわり、読み解く力を少しでも身に着けることができればと思っています。

アメリカに住む甥っ子たちは、アメリカ大統領選挙に涙したと言います。
まだ小さくても政治に興味を持ち、家族や友達と意見し合うと聞いて色んな差を感じました。

ニュースを見て新聞に興味をもつ、あるいは、新聞を読みニュースに関心を持つ。小さなことでもきっかけを大事にして、子供の無限の可能性を引き出してあげることができればと思っています。

-家庭学習

Copyright© マムスタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.