アラフォーママの楽しく子育て♪日々の家庭学習や使ってよかったものを紹介

マムスタ

おすすめ問題集 家庭学習

はじめての国語辞典はドラえもん~幼稚園・小学校低学年

投稿日:

先日、はじめて国語辞典を買いました。

きっかけは、娘は「これどういう意味?」とよく聞かれるので、それなら自分で国語辞典で調べ知らない言葉を知り、自分で言葉を習得していく喜びを感じるのもいいかも。と思ったからです。

 

はじめての国語辞典は総ルビで

書店に行くと、国語辞典と言っても、沢山の種類がありますね。

低学年向けということで、

・見やすい

・字が大きい

・フルカラー

・総ルビ・・全ての漢字にルビがふってある「総ルビ」と、一部の漢字にルビが振ってある「パラルビ」があるので、総ルビを条件で探しました。

 

ドラえもんはじめての国語辞典がいい!

決めては、娘がドラえもんがいい!!と言ったからです。(笑)

ドラえもん満載の辞典に、どうしようかな・・と迷いましたが、使うのは娘。辞書の使い方を知って、自分から楽しく辞書を使うようになってくれればいいな~というのが国語辞典を買うきっかけだったので、娘の意見を尊重しました。

条件だった、見やすい・字が大きい・フルカラーで、ドラえもんの挿絵があったり、とても身近な辞典に感じられ、絵本や漫画感覚に近いかもしれません。

 

絵が豊富でわかりやすいです。

 

 

 

 

国語辞典はどんなふうに使っている?

本棚に入れずに、リビングのテーブルに置いて、すぐに手に取れるようにしています。

深谷圭助先生が開発された、調べたい言葉を辞典から探して、ふせんを貼っていく辞書引き学習法もしていますが、付箋が沢山増えた達成感を味わってもらっています。

 

 

辞書引きに関して、私は口を出さないようにしています。

毎日辞書引きしない日も勿論ありますし、気が向いた時に使っている感じですが、辞書を引き始めると、「この言葉なんていう意味なんだろ」と一人でブツブツ言いながら辞典で調べています。

やらされていると思ってほしくないので、聞かれた時に一緒に調べてあげるようにしています。

 

まとめ

実際分からない言葉を引いてみると、掲載されていない言葉が多々あるので、実用性という部分では少々欠けるかもしれません。

でも、「これどういう意味なんだろ?」という言葉への興味・好奇心があるこの時期に、辞典で調べ自分で言葉を習得していく面白さは、学ぶって楽しい!につながると思います。

辞書を引くことを覚えるための最初のステップとしては最適な国語辞典だったと思います。

 

・国語辞典に慣れてきたら、次はこちらがいいかなと思っています。

-おすすめ問題集, 家庭学習

Copyright© マムスタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.