アラフォーママの楽しく子育て♪日々の家庭学習や使ってよかったものを紹介

マムスタ

就学前

小学校入学前に身につけておきたいこと ⑤食事・好き嫌いあるけど大丈夫?

更新日:

うちの子、好き嫌いがあるから、給食ちゃんと食べられるから心配・・というママ多いのではないでしょうか?

私も小学校の頃は、食が細くて、牛乳が嫌いだったので、給食の時間が一番嫌でした。
昔は全部食べ終わるまで、ずっと居残りさせられて、掃除の時間まで・・なんてこともありました。

今はこんなことはないです。
でも食べられない物があると、食べてみてごらんと言われていますが、無理強いして最後まで食べなさい!!ということはありません。

 

 

これ食べたことない~どんな味?

幼稚園・保育園時代、お弁当を持っていってた子は、子供の好きな物・食べれる物を入れてあげていたと思います。
わが子の苦手な物を全部お弁当に入れてる~なんてママいないと思います(笑)

小学校になると、初めて食べる献立もあったり・・中には、
牛乳飲んだことがない~
チーズ食べたことない~どんな味するの?」って子もいますが、給食は乳製品が結構献立に出てきます。

 

好き嫌いはママの思い込みだったりする?

「今日のご飯これ~?」「これ嫌いなやつだ・・食べれない・・」というと、ちゃんと食べなさいという気持ちと、これ作っても食べないしな・・と作る回数が減ったり、この子だけこの食材やめとこうとなったりしませんか?

我が家に遊びにきてくれた、お友達親子がいました。
一緒にお昼を我が家で食べようということになり、お昼は子供達の好きな唐揚げにしようと準備していました。
が、その子が唐揚げ食べれないと・・

「え~~!」(T_T)

娘や周りの子供達に唐揚げが嫌いな子がいなかったので、唐揚げのどんな所が嫌いなのか気になり、こっそりその子に

「唐揚げ嫌いだったのに、ごめんね。お肉が嫌いだったのかな~?」

と聞くと

「お肉は好きだよ。でも唐揚げは口の中が痛くなるから

どうやら、カラっと揚げた唐揚げは、口の中に入れると刺さって痛いのが嫌いの原因だったようです。

我が家の唐揚げは、どちらかというと、少ししっとりした唐揚げだったので、お口痛くならないと思うから一口食べてみる?と言うと、食べてくれて、「この唐揚げ食べれる!ママ~唐揚げ食べれたよー!」と言ってくれました。
ママも「え!唐揚げ食べれたんだ!」

「そういえば、何で嫌いなのか聞いたことないかもてっきり味が嫌なのかと思ってた

嫌いって、味が嫌いだけじゃないんですよね。

 

味付けを変えただけで、食べれるようになった

反対に娘は、食に関して好き嫌いは少なかったのですが、緑の野菜をあまり食べてくれなくなりました。
ブロッコリー・ほうれん草・小松菜・ピーマン・・
確かに味にくせがあるので、嫌いなお子さん多いと思います。

でも、幼稚園の時はお弁当の日があったので、見た目にも緑の野菜を入れたい・・
ブロッコリーを入れると、「これは、あんまり美味しくなかったな~」と言って入れることがだんだん減りました。

夕飯時に、ブロッコリーをマヨネーズからドレッシングに変えたら、これ美味しい~。
「明日もこれ食べたい!」
調味料変えただけですけど・・(-_-)
と思いながらも、ブロッコリーが嫌いだったわけじゃなく、味付けが嫌だったのか。
もしかして・・と緑の野菜の味付けを色々変えながら、食卓に出して見ました。
凝ったものではなくて、茹でたり、炒めたり。そして味付けを変えるだけのほんとに簡単なこと!

すると、娘はどうやらポン酢好き(笑)

ピーマンベーコンと炒めて塩コショウで味付けするだけ!

一行レシピ!!

でも、これを食べたのがきっかけで、お弁当の日はこれ入れてね。と言うようになりました。

幼稚園年長さんの頃には、幼稚園の先生にどんな食べ物が好き?と聞かれた時、「お肉と緑の野菜」と答えたそう(笑)

ちょっとしたことで嫌いな物が好きになるかもしれませんよ♪

 

アレルギーがある場合、どうしたらいい?

アレルギーがあるお子さんの場合、アレルギー食品の除去食を出してくれる、もしくは代替品を持っていきます。

入学前説明会で食物アレルギー調査票やアレルギーにより年間通して喫食することができない場合は給食費の控除申請があります。
<こちらは地域により違いがあると思いますので、学校にご確認下さい>

入学前説明会が終わって、質問できる時間がありますので、気になることは学校側に聞いてみてくださいね。
個々に話を聞いて下さいますよ。

 

まとめ

小学校の給食時間は約20分しかないんです。(>_<)

「え!短い!」と思いませんか?

ゆっくりよく噛んで。より早く食べて!ですよね。。

好き嫌いがあると、あっという間に給食時間終わってしまいます。
嫌いな物があると泣いてる子もいると言っていました。
給食の時間が嫌いにならないように、家庭の食事時間に少しづつ嫌いな物が食べれるようになるといいですね。

 

-就学前

Copyright© マムスタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.